faxdm作成での成功例と失敗例

ダイレクトメールといえば、はがきや封書で送り届ける郵送の手段が最も有名です。現在ではインターネットの普及に合わせて、電子メールによるダイレクトメールも多くなってきています。どちらも優れた手段ですが、別の方法として注目を集めているのが、faxdmです。その名の通り、faxを使ってダイレクトメールを送信するやり方です。faxdmならではのメリットを持っており、読んでもらいやすい、効果が感じられやすい魅力を持っているものの、失敗する例も見られますので、使い方を間違えないようにしたいところです。気をつけながら送信すれば、優れた効果を余すことなく発揮してくれます。成功例や失敗例をまず知ってから、faxdmを活用した販促活動に取り組んでみましょう。

費用がかからず閲覧される確率が非常に高い

よく利用されている郵送のダイレクトメールに比べると、faxdmの作成では印刷代がかかりません。印刷会社に支払う紙代やインク代、封筒代などの多くの費用が削減できるのが優れた点です。切手代も気にせずに済むのが魅力です。faxdmならばA4サイズの紙を送信するだけで済み、送信費用も1通あたり、郵送より大幅に安くおさまりますので、小規模な法人や個人であっても実践しやすいのがメリットです。封書などに入れられずに、内容が印字された紙面がそのままの状態で送信されることから、閲覧される確率が高いという成功例が多くなっています。必ず従業員がfaxをチェックする会社があるため、読まずに即捨てられてしまう心配がありません。メールのように迷惑メールフォルダに自動的に分けられるリスクがないのが、優れた部分です。

情報のボリューム不足やクレームを受けやすい点に注意

失敗例としては、A4サイズの紙面に情報を凝縮しなければならないため、伝えたい情報を上手く整理しないと効果が激減してしまうリスクを持っています。情報不足の回避方法として、faxdmならば紙の量を自由に変えられることから、A4サイズのfaxを何枚も送信する手段があります。しかし、何枚も送信すると受け取る側の紙代やインク代などのコストがかさんでしまいます。
送信先がよく知っている相手であればまだよいですが、不特定多数に送信するとなるとクレームが増えやすいという失敗例があります。失敗を避けるには、A4サイズの紙1枚におさめること、faxdmを不要とする人のために紙面に一言記述し、連絡先を載せるのがおすすめです。連絡先はfaxdmの送信代行業者宛にしてもよいでしょう。