faxdmの作成に沿った基本解説を致します

faxdmは効果の割に最も安価な販促手段のひとつです。通常のダイレクトメールと違って、封入する手間や郵送費がかかりません。電話一本で広告を送れるため、実際に必要な費用は通信費だけです。大量に送ることもできますし、反応のありそうな相手だけを選ぶことも容易です。郵送したダイレクトメールは、読まずに捨てられてしまうこともあります。faxdmは開封された状態で送られてくるので、とりあえず相手の目に留まります。ただし、そこから先で大切なのは文面です。相手の興味を惹くような内容でないと、ただ捨てられるだけでは済まず、反感を買ってクレームを呼ぶことにもなりかねません。faxdmには他の広告とは違う、独特の作成法があることを知っておく必要があります。

1枚で契約に結びつけるのは難しい

ただチラシをばらまいているだけという印象を与えたら、faxdmは失敗といえます。相手の用紙とインクを使用しているわけですから、普通のチラシよりも悪質です。faxdmは一見してチラシと分かる形ではなく、ビジネスレターの形で書くのが基本です。その場合でも、あくまで相手に負担をかけていることを忘れず、枚数は1枚にとどめておくのが無難です。faxdm1枚で新規契約を取れれば最高ですが、それは期待しすぎと言うべきでしょう。まずは相手に興味を持ってもらい、商談のきっかけにするのが主な目的になります。そのためには無料サンプルを提供するなど、具体的なメリットを相手に与える文言が効果的です。もしも反応があったら、そこから本格的なセールスを始めればよいわけです。

クレームを防止するためのポイント

faxdmには「もう送るな」といったクレームが付き物です。クレームを恐れていては営業は不可能です。しかしクレーム処理にも時間がかかりますし、今日のネット社会では思わぬ風評被害を招くこともあります。クレームを防止する方法として、まず同じ相手に何枚も送らないことや、忙しい時間帯を避けることが挙げられます。あらかじめ文書の中で、一方的にfaxを送る非礼を詫びておくことも、一定の効果があるでしょう。またフッターに「今後faxを送らないでほしい」というチェック欄を設け、そのまま返送してもらうのも効果的です。相手もいちいち電話するのは面倒なので、クレームを入れることがなくなります。faxdmは見込み客に対して高い効果を発揮するツールです。送っただけで満足せず、後のフォローが大切になります。