どういったfaxdmが良いかの解説

商品やサービスを紹介したいといった場合に行うのが、宣伝活動です。宣伝活動といってもその種類はさまざまですが、基本的には顧客や顧客になる可能性のある人にたちに対して何らかの媒体を利用して商品やサービスを知らせるというものです。広範囲に商品やサービスを紹介する場合には、テレビや新聞などのマスメディアを通じて行うことになりますが、よりターゲットを絞って行う場合にはダイレクトメールが用いられます。ダイレクトメールは何らかの通信手段を利用して知らせるというもので、一般的には郵便物を用いて行うものが知られます。一方でファックスを使用して行うfaxdmもfaxの登場とともに生まれています。faxdmのメリットとしては、相手に届く情報量が限られるものの、即時に多数の人に知らせることができます。

faxdmそのもののメリットとは

faxdmそのもののメリットとしては、開封率、コスト、短時間の3つが知られます。faxでは送られた情報が印刷されて相手に届くので、ほかのダイレクトメールと異なり必ず目に晒されるという点です。このため上手に紙面を工夫することで、相手の興味を惹きやすいメリットがあります。また送付する側は通信料が安価であり、専用の機械を使うことで多数の相手に対して、同時にほぼ瞬時に送ることができます。このためfaxdmを送りたいと思った場合には1日程度の作業で送付まで行うことができるなど、即応性に長けています。faxdmではモノクロであるため情報量はやや限られますが、最低料金が高い郵送タイプのダイレクトメールよりも少ない情報量を瞬時にかつ安価に送付できるのがメリットといえます。

faxdmの向いている業種とは

faxdmといっても使い方次第といったところが大きく、向き不向きがあります。特に不向きなのが異業種や個人宅に対して送付する場合です。faxでは、相手に用紙代を負担させることになるので不要な情報であれば必ずクレームが来るものです。このため新規開拓でfaxdmを利用する場合にはクレーム対策が重要になり、選別する必要があります。一方で、すでに顧客となってくれている人に対しては、瞬時に情報を伝えることができるのがfaxdmの最大の強みといえますが、効果を発揮するのは情報の中身次第といったところです。有益な情報としては新商品の発売などを周知したり、期間限定で値下げを行い在庫を処分したいといった場合に電話で売り込みをするよりも簡単にかつ安価に多数の相手に対して伝えることができます。